半世紀前の英国に見る 
07/4/24, 09:57 PM - 歴史を見る


Rockers

50年代後半〜60年代前半にイギリスで生まれた若者文化。
アメリカの50'sのスタイルを受け継ぎ、Rock 'n' RollやRockabillyなどの音楽を好んで聴いていた。特にエルビス・プレスリーに強く影響を受けている。
スタイルはライダースというレザージャケットにレザーパンツまたはジーンズ、髪はグリースで固めたグリーセット(リーゼント)。TRIUMPH、BSA、Nortonなどにまたがり、カフェなどに集まってJukeBoxでロックンロールを楽しんでいた。
ロッカーズの聖地として、イギリスのエースカフェがある。
24時間営業であるエースカフェに集まったRockers達が、JukeBoxの曲と同時にスタートし、曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという公道レースをカスタムしたバイクで行っていたことから彼らのバイクはカフェレーサーと呼ばれていた。

60年代前半彼らに敵対勢力が現れた。
彼らよりもっとクールで知的であろうとする集団「Mods」である。
彼らのスタイルは、一見トラッド風を着崩した洒落た装いで、Vespaのスクーターをこよなく愛し、音楽はアメリカのレアな黒人音楽、R&Bやソウル・ミュージック、ジャマイカのスカ、ブルービートなどを好んだ。
。また彼らはドラッグを遊びの道具として取り入れた。使用するドラッグはアップ系と決まっていてハート形をした外見だけは可愛い(パープルハーツ)と呼ばれるものなどを服用していた、昼間は真面目な少年少女の仮面をかぶり、夜はクラブで熱狂の一夜を過ごす。

これらの若者文化の背景は
1960年にイギリスで徴兵制度が廃止された。
これにより18歳からの兵役が無くなったことで、
働き始めた若者が増え、当然ながら遊びを求め出す。

この二つの勢力はのちにイギリスのブライトンにて歴史的抗争を繰り広げる。
映画「さらば青春の光」というのがあるのだが、この時代この争いを描いている。
(モッズよりの制作であり見ていて気分が悪かったのを覚えている。)

私はRockersに魅せられた数少ない若者の一人だった。
Rockersの格好などを真似して、ライダースにジーンズ、エンジニアブーツ、ヘアースタイルもグリーセットに決め込み、バイクもTRIUMPHに似せてみたりした。
駅前でステレオにRock 'n' Rollを流しツイストを踊って見せた事もあった。
しかし非常に残念なことではあるが、日本人には全く似合わない。特に私には!
Rockersの文化を学んだ私は、自分が恥ずかしくなり、バイクを降りた。

イギリスにはすばらしい文化がたくさんある。時代にあわない文化は時と共に変貌を遂げる。
今この時点でも後の世代に評価される文化が生まれているのは確かだろう。
しかしながら、Rockersほど私を魅了した若者文化は世界の歴史をさかのぼってもこれを超えるものはない。
叶う事なら1950年代のイギリスへ行ってみたいものだ。

それいけ神仙丸! 
07/4/16, 08:16 PM - 一般

血統書が届いた!
もちろん2月から屋根を同じくしている親愛なる相棒!名は「桜山神仙丸」!
そう神仙丸の血統書だ。品種はトイプードル、毛色はアプリコットである。
どうやら三人兄弟の長男であるらしい。

「プードルの起源はフランスである。
泳ぎが得意で、もともとは鴨猟の回収犬として広く用いられていた。
その後、フランスやイギリスなどで小型化を重ね、
ミニチュアプードルやトイプードルが作り出され、愛玩犬となった。」
らしい

2006年11月23日生まれの彼は人間で言うと、もう2歳くらいになるのだろうか。
彼は非常に内弁慶な性格である。
家の中では母親に噛みついたり、そこらじゅうに小便をまき散らしたり、小物を銜えて走り回ったり、
仕舞いには注意する私を面白がって逃げ回る始末である。
しかし散歩に行こうと外に出ようものなら急にヘッピリ腰になり、地べたに腰をおろしてしまう。
そのギャップも可愛いところの一つではあるのだが。

トイプードルという品種は頭が良いらしく生後三か月ほどでお座り、お手、などの
芸を覚えると言うのだが、こと神仙丸に至っては一つも出来ていない!
毎回おやつをあげる時に一応は教えるのだが、どうやら彼は「おすわり」を
「おやつあげるよ」とかと勘違いをしているみたいであり、「おすわり」と言うと
私の手のひらに向かって尻尾を振って一目散に向かってくるのである。
なんとも愛着のある行動ではないか!母親は「この犬は芸も覚えないし、落ち着きもないね」
などと言っているが、落ち着いてしまってはかわいさも半減してしまうというものだ。

最近は私の暮らしている環境にも慣れて来て、「ワンワン」と大威張りだが、
当初家に来たばかりの時はストレスで腹を下したり、風邪を引き夜中に咳をしたりと
何かと心配したものだった。その度車で30分ほどかけて病院につれていったり、
ペットの病気と予防と言った書物を読み漁っていたものだった。
体重も800gで体も30cmに満たない小さなぬいぐるみのようだった。
自分で走って転んで「キャンキャン」と泣き、よく心配をしたものだ。
今では体重2kg体は40cmほどであろうか、手足が伸び、毛質も丸まり、動かなければ
気品を漂わせている。
ワクチンも終わり、今の目標は散歩に行く事だ。

お前も俺もまだまだ先は長い!ともに歩もうぞ!若き褐色の相棒よ!

http://www.geocities.jp/soreike_shinsenmaru/

七つの海を駆ける地中海の芸術 
07/4/10, 07:02 PM - マリン

Riva Aquarama 1962年製 
芸術的な(Mahogany)マホガニーの木目を生かした(Piano Finish)ピアノフィニッシュと呼ばれる鏡のような艇体、当時驚異的なスピード等もあり世界の富豪に愛された。
驚異的とは当時のものであるが、今でも40ノットは軽くでるパワーボートである。

RIVAの歴史は古く、160年以上前の1842年にまでさかのぼる。
北イタリアの(Sarnico)サルニコ (Lago d'Iseo)イゼオ湖の港町で(Pietro Riva)ピエトロ・リバという人物によって、格式あるこのヨットブランドの歴史が始まった。
当時のイタリアはナポレオンが失脚してから分裂状態にあり過酷な時代背景であった。
現在でもOpera、Athenaなどの大型クルーザーからAquaramaの後継モデルであるAquariva 、Rivaramaなどがあり、当時から海のフェラーリの異名をとるなど、世界一のヨットブランドを確立している。

私が彼(Riva)に出会ったのは世界一のマリーナに勤務していた4年前の夏のことだった。
乗り手はそれに見合わない中年の若僧であった。『センスだけは認めるがお前にRivaの舵を握る資格はない』見るたび私はそう思っていた。
そのRivaにはボトムが木でできている為、船底塗料が塗られていた。
海に浮かべるためには仕方のない事だが出来る事なら船底塗料ははがしてやりたい
そのRivaが稼働していたのは年一、二回くらいのものであった。

【ひとたびその芸術品が海に浮かぶと、何千万円、何憶円の周りの船でさえそれに圧倒され、その輝きを失う
エンジンがかかる
勇ましいエンジン音と空中排気のマフラーの音がレトロチックな半世紀前のイタリアを思い浮かばせる
ゆっくりと港を出航する
静かな海面にRivaの幾何学模様の引き波が立つ
周りの船が左右に揺れる
まるで皇帝陛下を送り出す王国旗を振る民衆のように見える
航路を過ぎ、外海にでる
勇敢なエンジン音はしばらく港にいる者達の記憶に残っている
港には静けさが戻り、何事もなかったように時が過ぎる
夕暮れ時に夕日に照らされたRivaが港に戻ってくる
潮を浴びた船体は白くくすんでいる
壮大な滑走劇を想像させる
陸地で磨かれ艶を取り戻す
今日もまた芸術品が展示場に飾られる】

いつかお前に乗り
気のすむまで大海原を滑走したい
私はあの光景を思い出すたび
世界一のボートに儚い夢を抱く
コメントを書く ( 29 views )   |  0 トラックバック   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 2176 )


戻る